中井登記測量事務所お気軽にお問い合わせください。Tel:072-785-5801

HOME > 筆界特定制度 > 筆界特定制度の特徴

筆界特定制度の特徴

筆界特定制度の特徴

大事な土地の正しい筆界を迅速に特定する「筆界特定制度」。
不動産登記法などの一部を改正する法律が成立したことにより、新たな制度として導入されました。
こちらでは、筆界特定制度の特徴を中心に詳しい解説をご紹介します。


筆界特定制度とは

筆界特定制度は、土地の筆界を適正に特定し、問題解決を図る制度です。筆界特定登記官が、土地の筆界特定を求める当事者からの申請を受けて、筆界調査委員の意見と、当事者の意見を踏まえて、現地で筆界を特定します。

筆界特定登記官とは

法務局または地方法務局の長から指定を受けた登記官です。
筆界調査委員から提出された意見と、当事者の意見をもとに筆界を特定する任務を遂行します。

筆界調査委員とは

筆界と紛争の専門的な知識と経験をもつ、土地家屋調査士・弁護士・司法書士の中から選ばれる調査委員。 法務局または地方法務局の長により任命されます。

筆界特定制度のメリット

  • お隣同士で裁判をしなくてもよい。
  • 当事者による資料収集の負担が軽減される。
  • 地図整備事業の円滑な推進。

ページのトップへ

筆界特定制度に関するよくあるご質問

筆界特定制度の施行日はいつですか。
平成18年1月20日です。
筆界とは何ですか。一般的にいう境界とは違うのですか。
筆界とは、登記された土地の範囲を区画するために定められた線を言います。筆界は国の機関(法務局)より定められているため、所有者同士の合意によって変更することはできません。これに対して「境界」という語は、所有者の範囲を区画する線(所有者権界)という意味で用いられることもあり、その場合には、筆界とは異なる概念になります。
筆界の特定とは何ですか。
登記された土地の範囲を区画するものとして定められた線(筆界)を、現地で特定することです。新たに筆界を決めることではなく、調査のうえ、元々登記された際に定められた筆界を、筆界特定登記官が明らかにします。
筆界はどのようにして特定されるのでしょうか。
筆界調査委員という専門家が、これを補助する法務局の職員と共に、土地の実地調査や測量を含む様々な調査を行ったうえで、筆界に関する意見を筆界特定登記官に提出します。それを受けた筆界特定登記官が、筆界調査委員の意見結果と、当事者の意見とを併せて筆界を特定します。
筆界特定の申請は、誰が行うことになるのでしょうか。
土地の所有者として登記されている人およびその相続人などです。
筆界特定の申請はどこの法務局に行えばよいのでしょうか。
対象となる土地の所有地を管轄する法務局または、地方法務局の筆界特定登記官に対して、筆界特定の申請を行ってください。
申請に際しては、どのような書類や資料が必要なのですか。
申請書に必要な事項を記載し、添付書類と共に提出する必要があります。また、手続きを迅速に進めるため、お手持ちの資料をできるだけ提出した方がよいでしょう。
筆界特定の申請に必要な手数料はどのくらいですか。
申請手数料は、対象土地の価額によって決まります。たとえば、対象土地(2筆)の合計額が4,000万円の場合、申請手数料は8,000円になります。
手数料以外に必要な費用について教えてください。
手続きの中で測量を要することがあり、そのときには、測量費用を負担する必要があります。
筆界特定の結果はどうのように公開されるのですか。また、登記記録に公示されるのですか。
筆界特定の対象となった土地を管轄する登記所において筆界特定書が保管されるので、筆界特定書の写しの交付請求等によって、公開されます。
また、筆界特定の対象となった土地の登記記録に、筆界特定がされた旨が記録されます。
筆界特定の申請に関する相談窓口は、どこになりますか。
最寄りの法務局または地方法務局にお尋ねください。
お問い合わせ・筆界特定制度・ADR・測量・登記 中井登記測量事務所

〒664-0861アクセスマップ

兵庫県伊丹市稲野4丁目41番地