中井登記測量事務所お気軽にお問い合わせください。Tel:072-785-5801

HOME > ADR法 > ADR法への流れ

ADR法への流れ

ADR法への流れ

こちらでは、ADR法がどういった価値をもち、何を目的に制定されたのかをご説明します。
以下をご覧いただき、ADR法について深くご理解ください。


ADR法の必要性

裁判以外で紛争を解決する手段には、行政機関や民間などが主体となって行う仲裁、調停、斡旋など多様な形態があります。ところが、現在のところ、裁判は多く利用されていますが、それ以外での紛争解決手段はあまり知られていません。
裁判以外での紛争解決は、厳しい手続きのもとで進行する裁判に比べて、柔軟に対応できるという特徴があります。そこで、裁判以外での紛争解決手段の機能が充実することで、紛争を抱える人々がふさわしいと思う紛争解決手段を選びやすくなり、より満足度の高い解決を得られると期待されています。
こういったことから、ADR法(裁判外紛争解決手続)が必要とされているのです。

ADR法の目的

ADR法は、裁判外紛争解決手続をより優れた機能にすることで、紛争の当事者が解決への手段の選択を容易にし、法的なトラブル対処の窓口が幅広く浸透することを目的としています。つまり、裁判以外の紛争解決方法で、法的トラブルの解決を図ることが主な目的となります。

ADR法への取り組み

当事務所ではADR法に対して積極的な取り組みを展開しています。以下のリンクより、当事務所の取り組みをご覧ください。

ADR法への取り組み

お問い合わせ・筆界特定制度・ADR・測量・登記 中井登記測量事務所

〒664-0861アクセスマップ

兵庫県伊丹市稲野4丁目41番地